腸の恐るべき能力

腸というのは、人間の臓器のなかでも優れている器官です。

腸に食事が入ると、脳からの支持をうけずに独断で、食べ物を消化吸収します。

 

そして、人間にとって安全かどうかを瞬時に分析しているのです。

その分析結果によって、膵臓、肝臓、胆のうなどに指令を出して一番あう分解酵素を出すようにしているのです。

この時点で体にとって有毒だと感じたら、すぐに大量の腸液を分泌して、下痢として排便を促すのです。

 

 

さらに人間の体内で、腸は最大の免疫器官とも呼ばれています。

免疫細胞の70%が腸内に存在していると言われています。

 

ですので、腸内がきれいだと免疫力も高まるというわけです。

最近では、長生きやガンの予防をしたければ、腸内をきれいにしろという医者も増えてきましたが、

それらにはこの免疫機能も関係しているのです。